乳房温存手術後に放射線治療を受けると、患者特性や予後予測因子などにかかわらず、年間初回再発率が半減することが、17件の無作為化試験を対象としたメタ分析で明らかになった。国際的なEarly Breast Cancer Trialists' Collaborative Group(EBCTCG)に所属する研究者たちが、Lancet誌電子版に2011年10月20日に報告した。

ログインして全文を読む