心臓手術を受ける患者では、術前の貧血は有害な転帰と関連付けられているが、心臓以外の手術を受ける患者においても、術前貧血があると、術後30日の死亡と合併症罹患のリスクが有意に上昇することが、イスラエルAmerican University of Beirut Medical CenterのKhaled M Musallam氏らの研究で分かった。論文は、Lancet誌電子版に2011年10月6日に掲載された。

ログインして全文を読む