妊婦の喘息管理において、気道炎症の指標である呼気一酸化窒素濃度(fraction of exhaled nitric oxide:FeNO)に基づいて治療を調整するアルゴリズムが増悪抑制に有効であることが、オーストラリアHunter Medical Research InstituteのHeather Powell氏らが行った無作為化試験で明らかになった。論文は、Lancet誌2011年9月10日号に掲載された。

ログインして全文を読む