非喫煙者と比較した喫煙者の冠動脈イベントリスクは、男性に比べ女性の方が有意に高く、それぞれの相対リスクの比は1.25倍になることが、米Minnesota大学のRachel R Huxley氏らが行った系統的レビューとメタ分析で明らかになった。論文は、Lancet誌電子版に2011年8月11日に掲載された。

ログインして全文を読む