新生児にパルスオキシメーターを用いた経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)測定を行えば、出生前の超音波検査で見逃されていた先天性心疾患を発見できることを、英Birmingham大学のAndrew K Ewer氏らが明らかにした。論文は、Lancet誌2011年8月5日号に掲載された。

ログインして全文を読む