携帯電話の自動送信テキストメッセージ(メール)機能を利用した禁煙支援プログラムによって、6カ月後の禁煙継続率を2倍にできることが、英London大学衛生熱帯医学大学院のCaroline Free氏らが行った無作為化試験で明らかになった。論文は、Lancet誌2011年7月2日号に掲載された。

ログインして全文を読む