糖尿病前症の診断が、HbA1cのみに基づいて下された患者や、空腹時血糖のみに基づいて下された患者に比べ、これら両方の基準を満たす糖尿病前症の患者の糖尿病発症リスクは約5倍程度と高い――。日本人を対象としたこんな研究結果を、筑波大学の平安座依子氏らが、Lancet誌2011年7月9日号に報告した。

ログインして全文を読む