ヒトパピローマウイルス(HPV)の性器への感染は、男性の性器疣贅(尖圭コンジローマ)や癌の原因になる。また、感染男性から女性への感染は容易に起こるため、女性に様々な病気をもたらす可能性がある。米H Lee Moffitt Cancer CenterのAnna R Giuliano氏らは、男性のHPV感染の実態と自然経過について調査し、性的に活発であることが感染の危険因子であり、自然排除にかかわる要因でもあることを明らかにした。詳細は、Lancet誌2011年3月12日号に報告された。

ログインして全文を読む