急性脳卒中の患者の多くに見られる血圧上昇は、短期的、長期的な転帰不良に関係している。ノルウェーOslo大学病院のElse Chariotte Sandset氏らは、急性脳卒中患者にアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)のカンデサルタンを投与して注意深く血圧を下げる治療が患者に利益をもたらすかどうかを調べるため、二重盲検の無作為化試験SCASTを実施した。得られたデータは、予想に反し、カンデサルタンによる利益を示さず、逆に、偽薬群との比較で転帰不良傾向を示唆した。論文は、Lancet誌電子版に2011年2月11日に掲載された。

ログインして全文を読む