ビスホスホネート製剤のゾレドロン酸(ゾレドロネート)が、多発性骨髄腫患者の全生存期間と無増悪生存期間を有意に延長することが明らかになった。英Royal Marsden NHS Foundation TrustのGareth J. Morgan氏らが新規診断多発性骨髄腫患者を対象に行ったフェーズ3試験の結果で、論文は、Lancet誌2010年12月11日号に掲載された。

ログインして全文を読む