E型肝炎の多くは途上国に見られるが、先進国でも野生動物や豚の生肉、生の内臓肉などを食べて発症する患者が毎年現れる。HEVに対するワクチンはこれまで存在しなかったが、新たに開発された組み換えHEVワクチンHEV 239(Xiamen Innovax Biotech社製)が、フェーズ3で高い有効性と安全性を示した。中国江蘇省疾病管理予防センターのFeng-Cai Zhu氏らが、二重盲検の無作為化試験の結果をLancet誌2010年9月11日号に報告した。

ログインして全文を読む