急性冠症候群で経皮的冠インターベンション(PCI)を受けた患者の心血管イベント、ステント血栓症、出血などを予防するには、クロピドグレル標準用量と2倍量、アスピリン低用量と高用量のどれが最も好ましいのだろうか。この4通りの薬物治療の影響を比較したカナダMcMaster大学のShamir R. Mehta氏らは、2倍量のクロピドグレルの適用が好ましいことを示唆する結果を得た。論文は、Lancet誌電子版に2010年9月1日に掲載された。

ログインして全文を読む