特発性血小板減少性紫斑病(慢性免疫性血小板減少症)の患者に、標準治療に加えてトロンボポイエチン受容体作動薬のエルトロンボパグを投与すると、血小板数の増加や出血リスク低減が見られた。香港中文大学のGregory Cheng氏らが、二重盲検のフェーズ3無作為化試験の結果をLancet誌電子版に2010年8月24日号に報告した。

ログインして全文を読む