腎移植のドナーが心臓死だったか脳死だったかによって移植腎の長期的な転帰に差があるのか。この疑問について、全英で行われた腎移植を分析した英Cambridge大学のDominic M Summers氏らは、初回腎移植患者における移植腎の生着率と機能は、心臓死ドナーからの移植であっても脳死ドナーであっても差がないことを明らかにした。論文は、Lancet誌電子版に2010年8月19日に掲載された。

ログインして全文を読む