出血している、または出血リスクの高い外傷患者にトラネキサム酸を投与すると、院内死亡と出血による死亡のリスクが有意に減少することが、世界40カ国で行われた無作為試験CRASH-2で明らかになった。論文は、Lancet誌2010年6月17日号に掲載された。

ログインして全文を読む