痛風治療薬として広く用いられているキサンチンオキシダーゼ阻害薬のアロプリノールが、安定狭心症の治療薬としても有効であることが、英Dundee大学のAwsan Noman氏らが行った無作為化試験で明らかになった。論文は、Lancet誌2010年6月19日号に掲載された。

ログインして全文を読む