虚血性脳卒中後、速やかに組換え組織プラスミノーゲン活性化因子(tPA)の静脈内投与を開始すると、臨床転帰は向上する。現時点では発症から3時間以内の患者にしか投与できないが、メタ分析では、さらに時間が経過した患者でも転帰向上が期待できることが示唆されていた。今回、英Glasgow大学のKennedy R Lees氏らは、8件の無作為化試験の患者データを併合解析し、発症から4.5時間以内にtPA投与を開始すれば、利益がリスクを上回ることを示唆した。論文は、Lancet誌2010年5月15日号に掲載された。

ログインして全文を読む