心不全患者における尿中アルブミン/クレアチニン比(UACR)の上昇と、心血管死亡または心不全による入院、全死因死亡の間に有意な関係があることが、英Glasgow大学のColette E Jackson氏らの研究で明らかになった。詳細は、Lancet誌2009年8月15日号に報告された。

ログインして全文を読む