機械的換気を受けていた患者に抜管直後から非侵襲的人工換気を適用すると、通常の酸素療法に比べ、抜管72時間以内の呼吸不全のリスクと90日死亡リスクが下がることが明らかになった。スペインBarcelona大学のMiquel Ferrer氏らが、無作為化試験の結果をLancet誌電子版に2009年8月13日に報告した。

ログインして全文を読む