米疾病対策センター(CDC)が、米国で新型インフルエンザウイルス(ブタ由来A/H1N1インフルエンザウイルス;S-OIV)感染の流行が拡大した当初2カ月間における妊婦の感染例について分析した結果、感染が疑われる妊婦に対しては早期に治療を開始する必要があることが示唆された。CDCのDenis J Jamieson氏らの報告で、詳細はLancet誌電子版に2009年7月29日に掲載された。

ログインして全文を読む