妊娠糖尿病と診断された女性の2型糖尿病リスクは高いことが示唆されている。英国Northwick Park HospitalのLeanne Bellamy氏らは、コホート研究を対象に系統的レビューとメタ分析を行い、妊娠糖尿病ではなかった女性に比べ、妊娠糖尿病を経験した女性では、その後の2型糖尿病発症リスクが7.4倍にもなることを明らかにした。詳細は、Lancet誌2009年5月23日号に報告された。

ログインして全文を読む