米国胸部疾患学会議(ACCP)は、人工膝関節置換術後には、10日以上にわたる静脈血栓塞栓症(VTE)予防の実施を推奨している。カナダMcMaster大学のAlexander GG Turpie氏らは、エノキサパリンの皮下注射に比べ、リバロキサバンの経口投与が、深部静脈血栓症、非致死的肺塞栓、全死因死亡を合わせた複合イベントのリスクを有意に下げることを示した。詳細は、Lancet誌2009年5月16日号に報告された。

ログインして全文を読む