皮膚の瘢痕化の機序を調べる研究の中で、トランスフォーミング増殖因子β3(TGFβ3)の関与が明らかになり、この分子が瘢痕化の予防と治療に役立つと期待されるようになった。英国Manchester大学のMark WJ Ferguson 氏らは、組み換えヒト活性型TGBβ3製剤avoterminの予防的投与の影響を調べる臨床試験を3件行い、忍容性と有効性を示す結果を得た。詳細はLancet誌2009年4月11日号に報告された。

ログインして全文を読む