外傷性脳損傷後のてんかんリスクは高い。だが、リスク上昇がどの程度持続するのか、リスクレベルに影響を与える要因は何かといった情報はほとんどない。デンマークAarhus大学病院のJakob Christensen氏らは、住民ベースの大規模コホート研究を行い、リスク上昇は外傷から10年以上経過しても有意であること、てんかんの家族歴はリスクをさらに高めることを示した。詳細はLancet誌電子版に2009年2月23日に報告された。

ログインして全文を読む