麻疹の予防対策が進んでいる欧州でも、いまだ麻疹撲滅には至らず、アウトブレイクが発生している。デンマークStatens Serum InstitutのMark Muscat氏らが、欧州における麻疹の詳細な疫学分析を行ったところ、罹患率やワクチンカバー率において目標達成にほど遠い国が少なからず存在するなど、麻疹撲滅に向けて多くの課題があることが明らかになった。詳細は、Lancet誌電子版に2009年1月7日に報告された。

ログインして全文を読む