アデノウイルス血清型5型(Ad5)をベクターとするHIVワクチンのフェーズ2試験の結果が、米San Francisco公衆衛生局のSusan P Buchbinder氏らにより報告された。Lancet誌2008年11月29日号に掲載された論文によると、前臨床試験とフェーズ1試験では、細胞性免疫を強力に誘導できることが示されていたものの、フェーズ2試験では、HIV-1感染を予防せず、感染後のウイルス量低減も見られないという、予想に反する結果となった。

ログインして全文を読む