米心臓病学会(ACC)と米心臓協会(AHA)の周術期評価のためのガイドライン2007年版は、非心臓手術周術期のβ遮断薬投与を推奨している。だが、これを支持しない結果を報告している臨床試験が複数あることから、米Brigham and Women's HospitalのSripal Bangalore氏らは、β遮断薬の有効性と安全性を評価した無作為化試験のメタ分析を実施した。得られた結果は、周術期使用の利益を示さなかった。詳細は、Lancet誌電子版に2008年11月12日に報告された。

ログインして全文を読む