アレルギー性鼻炎の患者は、成人後に喘息を新規発症するリスクが3.53倍になることが、フランスINSERMのRafea Shaaban氏らの研究で示された。詳細はLancet誌2008年9月20日号に報告された。

ログインして全文を読む