急性のST上昇心筋梗塞(STEMI)でプライマリPCIを受ける患者に、救急車内または紹介病院で糖蛋白IIb/IIIa受容体拮抗薬のチロフィバンを投与することによりアウトカム向上が可能かどうか調べる無作為化試験の結果、プラセボ群に比べPCI後のST偏位が改善し、30日後のアウトカムも良好であることが示された。オランダIsala KliniekenのArnoud WJ van't Hof氏らの報告で、詳細はLancet誌2008年8月16日号に掲載された。

ログインして全文を読む