硬膜外麻酔または硬膜外鎮痛の術後生存率への影響を調べる大規模な集団ベースのコホート研究を行った結果、術後30日生存率への影響は小さく、生存率改善を目的とする日常的な適用は有効ではないことが示された。カナダToronto大学のDuminda N Wijeysundera氏らの報告で、詳細はLancet誌2008年8月16日号に掲載された。

ログインして全文を読む