重症の早期関節リウマチ(RA)患者を対象に無作為化試験を行った結果、メトトレキサート単独よりも、メトトレキサートとエタネルセプト(完全ヒト型可溶性TNF受容体製剤)を併用した方が、1年後の寛解達成率が高く、骨と軟骨のダメージが少ないことが示された。英国Leeds大学のPaul Emery氏らの報告で、詳細はLancet誌2008年8月2日号に掲載された。

ログインして全文を読む