生後1年未満の乳幼児の予期せぬ突然死(SUDI)例の剖検結果を分析し、病原細菌の感染が死に関係しているかどうか調べた結果、細菌感染のSUDIへの関与はさほど大きくないことが示唆された。英国London大学Great Ormond Street小児病院のMartin Weber氏らの報告で、詳細はLancet誌2008年5月31日号に掲載された。

ログインして全文を読む