ティーンエージャーの喫煙防止を目的として、訓練を受けた生徒が、教室外で同級生に喫煙防止を働き掛ける方法の効果を2年間にわたって調べた結果、喫煙者の増加を有意に抑制できることが示された。英国Bristol大学のRona Campbell氏らは、詳細は、Lancet誌2008年5月10日号に報告された。

ログインして全文を読む