日常的な疼痛の有病率と重症度を日記式調査法で調査した結果、年齢、収入、学歴が疼痛スコアの最も強力な予測因子であることが示された。米国Princeton大学のAlan B Krueger氏らの報告で、詳細はLancet誌2008年5月3日号に掲載された。

ログインして全文を読む