世界保健機関(WHO)が実施した、ドメスティックバイオレンス(DV)と女性の健康に関する国際研究の結果、DVの被害経験のある女性は身体的な影響だけでなく、自殺念慮や自殺企図の頻度も有意に高く、精神的な健康にも悪影響を及ぼしていることが示された。米国Program for Appropriate Technology in Health (PATH)のMary Ellsberg氏らの報告で、詳細はLancet誌2008年4月5日号に掲載された。

ログインして全文を読む