空腹時血糖(FPG)カットオフ値7.0mmol/L(126mg/dL)では、網膜症がある患者とない患者を正確に区別できないことが示唆された。オーストラリアMelbourne大学のTien Y Wong氏らの報告で、詳細はLancet誌2008年3月1日号に掲載された。

ログインして全文を読む