地域ベースの複合介入(健康上の問題と社会的な問題に対処する学際的なチームによる多因子介入)が高齢者の身体機能と自立的生活の維持において有効であることが、メタ解析の結果、明らかになった。英国Bristol大学のAndrew D Beswick氏らの報告で、詳細はLancet誌2008年3月1日号に掲載された。

ログインして全文を読む