開発が進められている新たな日本脳炎ワクチンと、現在接種されているワクチンの有効性と安全性を比較した無作為化試験の結果、新たなワクチンの有効性と安全性は現行ワクチンと同等であることが示された。オーストリアVienna医科大学のErich Tauber氏らの報告で、詳細はLancet誌2007年12月1日号に掲載された。

ログインして全文を読む