薬剤溶出ステント(DES)はコストに見合う価値があるのか――。スイスBasel大学病院のHans Peter Brunner-La Rocca氏らは、日常診療における薬剤溶出ステント(DES)の長期的費用対効果を、ベアメタルステント(BMS)と比較した。ステント留置から18カ月間の主要な心イベント1件予防当たりの費用対効果を求めたところ、1万ユーロまでの費用増で心イベント回避が可能なのは、主にハイリスク患者であり、低リスク患者ではDESは費用対効果が低いことが明らかになった。詳細はLancet誌2007年11月3日号に報告された。

ログインして全文を読む