SGLT-2阻害薬GLP-1受容体作動薬DPP-4阻害薬が2型糖尿病患者の死亡と心血管イベントに及ぼす影響とそれらの安全性を比較するネットワークメタアナリシスを行った英Imperial College Healthcare NHS Foundation TrustのSean L. Zheng氏らは、SGLT-2阻害薬とGLP-1受容体作動薬は患者の総死亡リスクを減らしていたが、DPP-4阻害薬はコントロールと比較した生存利益を示せなかったと報告した。結果はJAMA誌2018年4月17日号に掲載された。

 ガイドラインではメトホルミンで血糖管理目標を達成できない場合は、SGLT-2阻害薬をやインクレチンベースの治療薬の追加を推奨している。これらの薬はいずれも血糖管理に有効性を示しているが、2型糖尿病患者の治療で最適なパスウェイを決めるためのデータは明らかではない。そこで著者らは、SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬、DPP-4阻害薬の相対的な有効性と安全性を比較するネットワークメタアナリシスを計画し、死亡率や心血管イベント、有害事象を検討することにした。

 MEDLINE、Embase、コクランセントラルなどに2017年10月11日までに登録された研究の中から、2型糖尿病

DPP-4阻害薬の死亡率減少は確認できずの画像

ログインして全文を読む