深層学習(ディープラーニング;DL)アルゴリズムの病理診断における可能性を検討したオランダRadboud大学医療センターのBabak Ehteshami Bejnordi氏らは、乳癌患者のセンチネルリンパ節スライドに転移が存在するかどうかを判定する場合のDLの精度は、病理医の日常業務における判断に優る可能性があると報告した。詳細は、JAMA誌2017年12月12日号に掲載された。

深層学習アルゴリズムによる乳癌の病理診断の画像

ログインして全文を読む