60歳以降に死亡した人々の死亡前20年間の血圧の変化を調べた英Exeter大学医学部のJoao Delgado氏らは、死亡の14年以上前に血圧は最高値になり、その後10年以上にわたって直線的に低下し、最後の2年にはそれ以上に大きく低下していたと報告した。詳細は、JAMA Intern Med誌電子版に2017年12月4日に掲載された。

高齢者の血圧は死亡に向かって低下するの画像

ログインして全文を読む