ノルウェーBergen大学のGry S. Haaland氏らは、ノルウェー在住の50歳以上の地域住民を対象にした大規模コホート研究を行い、ワルファリンで抗凝固療法を行っている患者は非使用者に比べ、年齢と性別で補正した癌の発症率が低かったと報告した。結果はJAMA Intern Med誌電子版に3017年11月6日に掲載された。

ワルファリンは癌のリスクを減らすの画像

ログインして全文を読む