米国California大学San Diego校のPaul J. Mills氏らは、地域住民ベースのコホート研究「Rancho Bernardo Study(RBS)of Healthy Aging」参加者の尿検査を行い、世界的に広く使用されている除草剤ラウンドアップの主成分であるグリホサートの尿中排泄量が、20年前に比べ増加していると報告した。結果はJAMA誌2017年10月24/31日号に掲載された。

米国で食事を介した除草剤曝露が増加の画像

ログインして全文を読む