妊婦のPM2.5曝露と臍帯血と胎盤のテロメア長の関係を分析した、ベルギーHasselt大学のDries S. Martens氏らは、妊娠期間中、特に妊娠中期にPM2.5に曝露すると、新生児のテロメア長が短くなる可能性があることを報告した。結果はJAMA Pediatrics誌電子版に2017年10月16日に掲載された。

妊婦のPM2.5曝露で新生児のテロメアが短くの画像

ログインして全文を読む