小児の炎症性腸疾患(IBD)患者の活動性炎症の検出について、MRエンテログラフィーの検査特性を報告した研究の、系統的レビューとメタアナリシスを行った韓国Ulsan医科大学のHee Mang Yoon氏らは、この検査の感度や特異度などが優れていると報告した。結果をJAMA Pediatrics誌電子版に2017年10月9日に掲載された。

IBD患者でのMRエンテログラフィーの検査特性の画像

ログインして全文を読む