米国Harvard大学医学部のJoAnn E. Manson氏らは、Women's Health Initiativeのホルモン補充療法(HRT)に関する2件の試験に参加した閉経女性を、介入終了以降も約18年間追跡し、HRTはプラセボと比較して死亡リスクを上昇させていなかったと報告した。結果は、JAMA誌2017年9月12日号に掲載された。

ホルモン補充療法は死亡リスクに影響しないの画像

ログインして全文を読む