抗PD-1抗体で癌患者を治療した際に、神経系の合併症が生じた例が報告されている。合併症の詳しい情報が必要だと考えた米Mayo ClinicのJustin C. Kao氏らは、抗PD-1抗体治療後に神経系合併症を発症した患者データを抽出して、発生率や、症状の多様性、適用された治療と転帰などをJAMA Neurology誌電子版に2017年9月5日に報告した。

抗PD-1抗体治療の神経系合併症を分析の画像

ログインして全文を読む