高齢者に多い睡眠呼吸障害(SDB)と認知機能の関係を調べるために、住民ベースの前向き研究と横断的研究を対象とする系統的レビューとメタアナリシスを行った米California大学San Francisco校のYue Leng氏らは、SDBと診断されていた人の認知障害リスクは、SDBではない人に比べて26%高かったと報告した。分析結果は、JAMA Neurology誌電子版に2017年8月28日に掲載された。

睡眠呼吸障害は認知障害リスクを上昇させるの画像

ログインして全文を読む