グルテン関連疾患の有病率が上昇しており、多様な症状の軽減を目的としてグルテンフリー食を実践する人が増えている。米Massachusetts総合病院のMaureen M. Leonard氏らは、現時点で知られている、セリアック病と非セリアックグルテン過敏症の特徴と、それら疾患のスクリーニング、診断、治療に関して得られているエビデンスのレビューをJAMA誌2017年8月15日号に報告した。

セリアック病と非セリアックグルテン過敏症の画像

ログインして全文を読む